ソー・ダル章、ソー・プラク章の二つを合わせてラヒラース[務め]と称する。ラヒラースは夕祷を意味し、ソー・ダル章、ソー・プラク章はその主要部分である。
最初の詩である「ソー・ダル」自体は、ジャプジーの第27パウリーを、ラーグ・アーサーの調子に編集した異文であり、内容はほぼ同じである。

 構成
  グル・ナーナク 3
  グル・ラームダース 1
  グル・アルジャン 1
 


ソー・ダル ラーグ・アーサー
グル・ナーナク
イク・オンカール。正師の恩寵によって。

あなたのかの門はどこにあるのか。あの家はどこにあるのか。あなたが座し、全てのものを配慮されるその場所は。
あなたの多くの楽器が奏でるナードが鳴り響き、数え切れないあなたの楽士がいる。
何と多くのラーグを歌うあなたの舞妓たち、何と多くのあなたの歌手たちがいることか。
あなたに大気と火と水が歌い、かの門においてダルマ王が歌う。
人の行為を記録するチトラとグプタと、その記録に従って裁くダルマの審判者はあなたに歌う。
イーシュヴァラ、ブラフマー、そして、あなたに常に装われて美しい女神たちはあなたに歌う。
王座に坐るインドラは、神々とともにかの門の前にあなたに歌う。
成就者たちは三昧のさなかにあなたに歌い、サードゥたちは熟慮の中にあってあなたに歌う。
ヤティ、サティ、サントーキーはあなたに歌い、不屈の勇士たちもあなたに歌う。
世々にヴェーダを詠唱するパンディットたちは、ラキーサルとともにあなたに歌う。
天上、地上、地底界において、心を魅惑するモーヒニーたちはあなたに歌う。
あなたに造られた宝玉は、あなたの六十八の聖地と共に歌う。
大勇の戦士、英雄たちはあなたに歌い、四原素はあなたに歌う。
あなたによって造られ、護られている地球、天球、ブラフマーの世界はあなたに歌う。
彼らはあなたに歌う。あなたの意志に適い、あなたの愛を刻まれた献身者は。
なんと多くの者が歌うのか。わたしは彼らを記憶しきれない。いかにナーナクは彼らを数え切れようか。
永遠に真理、真実の真主。真理がその名。
それは、今もあり、未来にもある。創造された宇宙が消え去ったとしても、それは去ることがない。
かれは様々な形、様々な生き物の種、様々なマーヤーを創造した。
かれの偉大さを証明する、その業を見よ。
かれは自ら望むところを行い、いかなる命令にも服さない。
かれは諸主の主、大いなる真主。ナーナクはその意志に従うだけ。 ॥1॥


ラーグ・アーサー
グル・ナーナク
あなたの偉大さを聞いて、全ての者があなたを偉大であると言う。
しかし、このような偉大さを、誰が見たことがあったろうか。
その価値は測ることはできず、言い表すことはできない。
あなたを言い表そうと求めた者達は、あなたに融和した。 ॥1॥

偉大なるわが真主。あなたは底知れない深さの性質[徳]の海。
あなたの際限が、いかなるものか知るものはない。 ॥1॥ 休止

全ての直観者達はあなたに会い、あなたを直観した。
全ての鑑定人達はあなたに会い、あなたの富を鑑定した。
彼らは、霊知者、禅定者、導師たちの導師。
しかし、あなたの偉大さの僅かな部分でさえ言い表せなかった。॥2॥

全ての真理、全ての苦行、全ての善行、
シッダの男達の偉大さ、
このような成就力は、あなたなしでは獲得することができない。
あなたの恩寵によってのみ、それらを受けることができる。誰もその流れを阻むことはできない。 ॥3॥

語る者は、なんと哀れなことか。
あなたの倉庫は賛美で満たされた。
あなたが与えた者に対して、誰が勝つことができるだろうか。
ナーナクよ、真理は美しく飾る者[万物を整える者]である。  ॥4॥2॥


ラーグ・アーサー
グル・ナーナク
御名を歌うことによって、わたしは生きる。御名を忘れることによって、わたしは死ぬ。
しかし、真理の御名を歌うことは難しい。
真理の名を求めて飢える者は、
その飢えで自身を満たす時、苦しみが取り去られるであろう。॥1॥

その時には、彼を忘れることができるだろうか。わが母よ。
真理は真主、真理はその名。॥1॥ 休止

真理の名の栄光の僅かなりとも、
人は語ることに疲れ果ててしまった。
彼の偉大さについて、もっとも小さなことさえ探求することができなかった。
たとえ、全ての者が集まって、彼について語ったとしても、
彼の偉大さが増すことも減ることもない。॥2॥

彼に死はなく、悲嘆が起こることもない。
与え主は、損なわれることのない糧を与え続けている。
この徳は彼にのみあり、他に彼の様な者はない。
なかったことなく、彼のようになるものもないであろう。॥3॥

偉大なるはあなたであり、同じようにあなたの恩恵も偉大である。
昼を造るように、また夜も造る。
夫君を忘れる者は、低いジャーティ。
ナーナクよ、御名を持たなければ、彼らはサナーティ。 ॥4॥3॥


ラーグ・グージャリー
グル・ラームダース
ハリの僕、正師よ、真実の者よ、わたしは師であるあなたに祈願を捧げる。
我らはただの虫。正師よ、あなたの保護を探し求める。御名の光輝を以て慈しみを与えてください。 ॥1॥

わたしの友、聖なる師よ。ラームの御名の光を輝かせてください。
正師の教えによって、御名はわたしの生命の息、ハリの賛歌は我らのラヒラース[務め]となった。 ॥੧॥ 休止

ハリの僕は最大の幸運を持っている。彼らにはハリに対する信頼があり、彼に渇いている。 ハリの御名を得て、ハリよ、ハリよ、聖会と結ばれ彼らは満足した。彼らの徳は輝きだす。 ॥2॥

最も崇高な御名のラス[飲料、本質]を得なかった者たち、ハリよ、ハリよ、ハリよ、彼らは最も不幸だ。彼らはヤマの使いに連れて行かれる。
正師と聖会の聖域を探さなかった者たち。彼らの生命は呪われ、彼らの生命の希望も呪われる。 ॥3॥

正師の聖会に結ばれた謙虚な僕は、このように彼らの額に、刻まれて定められた運命を持つ。
幸いだ、幸いだ、真理の聖会。どこでハリのラスは得られるのか。彼の貧しい僕に出会うことによって。ナーナクよ。御名は輝く。 ॥4॥4॥


ラーグ・グージャリー
グル・アルジャン
心よ、ハリがおまえの為に配慮される時に、何を計ろうと言うのか。
彼は岩と石の間に虫を造り、それらの為に食物を置くと言うのに。 ॥1॥

わたしのマーダヴァ[ラクシュミーの夫]よ、真理の聖会と結ばれた者は守られる。
正師の恩寵によって、最高の地位は得られる。乾いた木は緑に茂り、再び花開く。 ॥1॥ 休止

母、父、友、子供、妻は、何の助けならない。
どの人のためにも主は糧を与えた。心よ、なぜ恐れないのか。 ॥2॥

フラミンゴは百コスを飛び、若いものを残して出発する。
誰が彼らを養うのか。誰が餌を得ることを教えるのか。あなたは、これについて心の中に
考えたことはないのか。 ॥3॥

九の宝と十八の神通力の全ては、主の手のひらの上に保たれてる。
僕ナーナクは献げられ、あなたに対する永遠の犠牲である。あなたには限界も境もない。 ॥4॥5॥


戻る