ソーヒラー ラーグ・ガウリー・ディープキー グル・ナーナク
イクオンカール。正師の恩寵。
創造者の賛美が歌われ、思念されるその家で、
その家で、創造者に賛歌(ソーヒラー)を歌い奉れ。॥1॥
わが恐れなき方に、賛歌を歌え。
わたしは、永遠の平安をもたらす賛歌に奉げられた犠牲。॥1॥ 休止
日毎に彼はすべてのものの世話をし、大いなる与え主はそれらを見守っている。
恩恵でさえ評価することはできない。どうして、その与え主を評価することが出来ようか。॥2॥
婚礼の日(死の日。シェイフ・ファリードの詩を参照)は定められている。来れ、共に集まり、敷居の上に油を注げ。
わたしの友よ、あなたの祝福を与えてください。わたしが主と溶け合うために。॥3॥
どの家にもこの婚礼状はやってくる。呼び出しはいつの日にもやってくる。
瞑想の中に呼び出す者を思い出せ。ナーナクよ、その日は近づいている。॥4॥1॥


ラーグ・アーサー グル・ナーナク
六つの哲学派があり、六人の師がおり、六つの教えがある。
しかし、師の師は一人だけ。それは様々な形で表れる。॥1॥
兄弟よ、創造者を讃える聖なる集会は歌う、
その聖なる集会に従え。その中に真の偉大さは置かれている。॥1॥ 休止
秒、分、時、日、週、月、
一つの太陽よって、多くの季節がある。
ナーナクよ、同じように、すべての形は創造者に基づく。॥2॥॥2॥


ラーグ・ダナースリー グル・ナーナク
蒼穹の層の上に、太陽と月がランプとして吊るされている。夜空の星の球は縫われた真珠。
大気に漂う白檀の香りは寺院の香。風はあなたの扇。世界の全ての植物は、光輝の主であるあなたに奉げられた祭壇の花。॥1॥
なんというアールティー(明かりを灯してする祈り)
恐れを打払う者よ、これがあなたのアールティー。
シャバド(聖なる言葉)のアナーハタ(音源のない神秘的音)は神殿のドラム。॥1॥ 休止
あなたには千の目があるが、一つの目もない。あなたは千の形があるが、一つも形がない。 あなたは数千の蓮のような足を持つが、あなたに一つも足はない。あなたに鼻はないが、千もの鼻を持つ。このあなたの遊戯はわたしを魅了する。॥2॥
すべての間に光はある。あなたがその光。
この照明によって、光はすべての中に輝く。
師の教えを通じて、光は輝きでる。
彼に喜ばれるもの、それはアールティーである。॥3॥
わたしの心は、ハリの蜜のような蓮の足に誘われて、日夜それに渇いている。
あなたの慈悲という水を授けてください。渇きを歌う鳥であるナーナクに。あなたの御名に住むために来るように。॥4॥3॥


ラーグ・ガウリー・プールビー グル・ラームダース
体という村は、怒りと愛欲が溢れて満ちていたが、わたしが聖徒に会った時に、それは千切れに壊れた。
書かれた運命によって、わたしは師と会った。わたしはハリの愛の領域に没入した。॥1॥ あなたの手の判とともに聖徒に挨拶せよ。それは大いに利益ある行為。
彼の前に身を屈めよ。これはまことに高潔な行為。॥1॥ 休止
シャクティ派修行者は、ハリの崇高なラスの味をしらない。自我の棘は彼らに深く刺さっている。
彼らが遠く往くほど、それは深く突き通る。彼らは痛みによってより苦しむ。ヤマの使いが棍棒をもって彼らの頭を打つ時まで。॥2॥
ハリの僕は、ハリよ、ハリよ、あなたの御名に融和する。誕生の苦しみと死の恐れは絶たれた。
彼らは不滅のプルシャ、パラメーシュワル(至高の神)を見出した。彼らは多くの名誉を宇宙の世界で受け取った。॥3॥
わたしは貧しく、乏しい。主よ、わたしはあなたのもの。守り給え。守り給え、偉大なるもの中の最も偉大なる方よ。
僕ナーナクは御名の糧と支えを取る。ハリの御名の中に、彼は平安を楽しむ。॥4॥4॥


ラーグ・ガウリー・プールビー グル・アルジャン
聞いてください、わが友よ。わたしはあなたに願う。今や、聖徒に仕える時。
この世界で、御名の利益を得よ。そして、来世においては平安に住まうであろう。॥1॥
日夜、この人生は減少していく。
師と会うことによって、おまえの仕事を解決されるであろう。॥1॥ 休止
この輪廻世界は、腐敗と冷笑に夢中になっている。ブラフマンの知識を得る者だけが救われる。
このラスを飲んで目覚めた者達だけが、彼の語られざる話を知るようになる。॥2॥
それだけを購え。その為におまえはこの世界に来たのだから。正師を通して、ハリはおまえの心に住むであろう。
その内なる家に、サハジュによって平和を見出し、二度と輪廻の歯車に渡されることはない。॥3॥
内なるものを知るプルシャよ。運命の建築者。わたしの心にこの憧れを満たして下さい。
ナーナク、あなたの僕は、平安を乞います。わたしをサントの足の塵にしてください。॥4॥5॥


戻る